私たちはあなたのオンライン体験を改善するためにクッキーを使用します。 このWebサイトの閲覧を続けることにより、Cookieの使用に同意したものとみなされます。

金属シールドのない画像手術台は、脊椎手術の透視に対応できます

ビュー : 1062
著者 : HOWELL Mdical
更新時間 : 2022-09-30 15:32:00

医師が複雑な脊椎手術を行う場合、脊椎手術台はCアームと組み合わせて複数の角度から照射する必要があり、手術台は金属で遮蔽されるべきではありません。通常、炭素繊維のベッドボードでさえ、X線を遮断するためのサイドレールがあり、照射要件を満たすことができません.

Howell Medical は、あらゆる種類の脊椎手術に使用できる新しい画像手術台を導入しました。 

手術台の脚板を取り外し、カーボンファイバー製脊椎手術ラックを取り付けます。このようにして、患者の腰はベッドプレートや手術台のサイドレールの金属によって覆われることはありません。炭素繊維脊椎手術ラックは、手術のニーズを満たすために、脊椎の曲げ角度を調整するために腹部サポート ラックの高さを調整できます。

ジャクソン シングル脊椎手術台
ジャクソン フレーム手術台
カーボンファイバーシングルスパイン手術台

在线客服